クレジットカードの限度額

クレジットカードには限度額が設定されています。
これはその人によって違いがありますが最低で10万円、最高ですと300万ほどになることもあります。



大金持ちの人だけが手にできるブラックカードの場合でしたらこの限りではありません。この限度額は最初にクレジットカードの契約する時に決まります。

信頼により違いがありますが携帯電話ではなく固定電話を持っている人や他のクレジットカードの契約をしていない人は比較的限度額が高くなる傾向があります。


そして取引実績が良ければ自動的に限度額が増額されていくのです。

限度額がアップするとクレジットカードで支払いできる幅もかなり広がります。



家賃の支払いや公共料金の支払いも全て使えるようになるのでポイントもたまりやすくなります。大体会社の方で自動的に限度額の増額をしてくれますが今すぐに増額してもらいたい場合はその旨をカード会社に伝えましょう、そうすれば再び審査を行い通れば増額してもらえます。
逆に限度額を低くすることも可能です。

あまり限度額が大きすぎるとつい使ってしまうと不安になる人は低くしたほうがいいでしょう。



こちらもカード会社に限度額を下げてほしいということを伝えるとすぐに対応してくれます。
限度額アップとは違いこちらは審査は有りません。

ただ一度低くしてしまいますと再び限度額を元に戻した場合は審査を受けなければいけません。


また限度額を元に戻す可能性が少しでもあるなら減額はしないほうがいいでしょう。