クレジットカードの仕組み

クレジットカードは使っているけれど、あまり詳しくは仕組みを知らないといった方も多いのではないでしょうか。

ここでは、クレジットカードの仕組みについてお伝えをしていきます。

今話題のNAVERまとめのホームページをチェックしましょう。

まずお店などでクレジットカードを使用した際のお金の動きを見ていきましょう。

利用されたお店はカードを格好している会社に対して代金を請求しています。



例えばお店で1万円の買い物をした場合、お店はカード会社に1万円の支払いを請求するのですが、次に代金回収の仕組みを見ていきましょう。お店などで利用した分のお金は、後日カード会社に支払いをしなければいけません。

多くの場合1カ月分の支払いを一定期間内にまとめて請求します。

その後、カード会社は集めたお金を、カードが使われたお店に対して責任をもって支払いをするといった流れとなっています。
ただし、実際にはカード会社はカードを利用した方からお金を集めるよりも先に、お店側に支払いをすることが多いです。



このようにカード会社が責任をもってお金を管理してくれているからこそ、現金ではなくクレジットカードを使って買い物ができるようになっているのです。

ではカード会社はどのようにして利益を上げているのでしょうか。

実はお店はクレジットカードを使われると、カード会社に対して加盟店手数料と呼ばれる手数料を支払う必要があります。
実際にはカード会社からお金が振り込まれる際のタイミングで、手数料が差し引かれるのですが、この加盟店手数がカード会社の利益になっているという仕組みです。